自己啓発本

繊細なあなたが自分らしく生きるための本とは!?

更新日:

 

HSPという言葉をあなたはご存知でしょうか?

HSPはhigly sensitive personの略で繊細な人という意味です。

エイン・アーロン博士によると5人に1人の割合の方がHSPと言われています。

そんな繊細のあなたにおすすめの本が、「繊細さん」の本です。

最近、よくこの本を見かけ、読んでみると面白ったので買ってみました。

この本の内容や読んで良かったポイントなどを紹介します。

 

内容

HSP専門カウンセラーの武田友紀さんが

繊細さんとはどんな方なのか

自分が繊細さんならどういうふうに考えると気分が楽になるか

繊細さんがよく悩む人間関係の対処法

繊細さんに合う仕事の見つけ方

などにについて書かれています。

説明の中では、武田さんご自身がこれまでのメーカーでの仕事での経験から学んだこと

600名もの繊細さんのカウンセリングから学んだことなども交えて、話されています。

ページ当たりの文字数はちょうどよく、読みやすいです。

たまに、イラストが書かれているのですが、そのイラストのタッチが

個性的で、面白く、繊細さんをうまく表現されています。

 

読んで良かったポイント①繊細さんは相手の「わからない」という感覚がわからない

繊細さんの感覚はとても敏感であることが書かれています。

その感覚は時々、相手に伝わらないことがあります。

このことについて、武田さんは、自分の感覚が必ずしも相手には伝わらないと書かれています。

繊細で敏感な人の感覚は、繊細ではない方にとっては、わかないということもあるのだと

意識しておこうと思いました。

私自身も繊細な方なので、職場や友人関係で

相手の気付かない点などを何でわからないの!?と疑問に思ったり、苛立つこともありました。

しかし、そもそも相手には、自分の感覚がなければ、わからないのも当然でそうだな

納得できるなと思いましね。

 

読んで良かったポイント②苦手な人との間には、モノなどを置いて境界線を引く

 

これは、意外と知ってそうで知らないことでした。

苦手な相手でも、向き合わなけばと変に、正義感をもって向き合おうとしてしまう

こともありました。そう考えてしまうとしんどく、負担が大きいので

自分を守るためにも、ペンやグラスなどで境界線を引くイメージで、苦手な人と接しようとかなと思います。

ペンやグラスであれば、境界線を引きやすいですね。

それ以外には、席の位置を変えるのも良いと書かれていました。

無理をするのは良くなくて、自分の生きやすいように行動しようと思います。

 

読んで良かったポイント③繊細さんは自分の本音で生きると生きやすくなる

 

繊細さんが生きやすくなるためには、まずは小さな本音から叶えようと書かれています。

自分の些細な願いからかなえて、自分を満たしていくことをすすめられています。

そして、自分の繊細さを良いものととらえて、肯定していくことも大切と書かれています。

疲れていっる時には自分を癒して、自分が何がしたいかを問いかけて

行動していくと書かれています。自分を受け入れることが大切ですね。

本の後半では、繊細さんは、自分の良いと思うものを仕事にすると生きやすくなる

書かれています。その本音を知る方法がいくつか書かれているのですが

特に良いな思ったのが、自分の幼少期を思い出して、自分の中の幼少期と対話をする方法です。

これは、インナーチャイルドの考え方かなと思いました。

自分のインナーチャイルドが心からやってみたいと叫んでいたら、それはGOのサイン。

反対に、いやだ!叫んでいたら、それはNOサイン。だと感じます。

 

まとめ

・繊細な感覚は、相手にはない感覚だから、つたわらないのかもしれない。

・苦手な人との間には、ペンやグラスなどを置いて境界線を引く。

・自分の本音を知るために、インナーチャイルドと対話をして、小さな本音から叶えていく。

 

本を通して、繊細な人は、自分がどうしたいのか、自分の本音を大事にして

日々行動することが大切と何度も書かれています。

繊細な人は、誠実であるがゆえに自分に嘘が付けない方なのかもしれませんね。

 

余談ですが、作者の武田友紀さんはユーチューブもされているようですね!

声がやさしくて、癒されます。

チャンネル一覧はこちら

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!




-自己啓発本

Copyright© スピ小僧 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.