自己啓発

ユング心理学を読んでわかった3つ気づき

 

今回は図解雑学シリーズの

ユング心理学を読んだ気づきを3つに

分けて、シェアしたいと思います。

集合的無意識という言葉をご存知でしょうか?

この言葉は、ユングが考えた言葉で

私は最近このことを

知り、くわしくユングの心理学を

学ぼうと思いこの本を中古で購入しました。

くわしく見ていきます。

 

本の内容

大きく分けて4つの章で構成されています。

具体的には

①ユングの心理学

②ユングの生い立ちと生涯

③患者との対話

④ユングが後の世代に与えた影響

になります。

見開き右のページが絵や図で書かれていて

とても読みやすいです。

ユング心理学の基本がわかり

ユングが幼少期に父親との関係で

失望し、その後理想の父親と呼べるような

フロイトの出会いそして、決別。

その後、自分との対話の中で

独自の心理療法を開発する。

そんな内容などが書かれています。

 

ユング心理学のくわしくはこちら

 

気づき①ユング心理学は「対話」の心理学

「患者としっかりと向き合って対等に対話する」

ユング心理学はこれにつきると感じました。

ユングは治療者と患者がフラットに対話して

互いに、腹を割って話すことを重要視しています。

ユングは対話のことを「対決」とも語っているのが

印象的でした。

この対決には、互いに腹を割って

ときには、言い合いになることも重要だと言っているように

感じますね。

 

気づき②集合的無意識は、宇宙全体の共通の意識

集合的無意識は、人類全体(地域、国、民族)、

動物までも共通する無意識の深層と書かれています。

例えば、世界的に太陽を崇めたり、がいると

語られていることなどが挙げられます。

インターネットのない時代からこれらが言い伝えられ

ているのは、世界全体で共通の意識が

奥底にあったように感じます。

もしかしたらコロナなも集合的無意識から

来ているのかもしれません。

 

気づき③個人神話をもつ

ユングは、自分自身との対話を繰り返していくと

自分は何のために生きているかという

問題にぶち当たると書かれています。

その時に大事になるのが神話です。

神話には人はなぜ生まれてくるかについて

書かれています。

しかし、ユングは神話を

そのまま鵜呑みにするのは、良くないと

言われています。

自分自身との対話、内観をする中で

個人の神話を発見することが大事だと書かれています。

私もこの考えはしっくりときます。

神話を参考に、自分自身との対話をしながら

自分自身の置かれている状況や生きがいを

探しながら、個人神話が出来上がっていく

と感じますね。

 

ユング心理学のまとめ

・ユング心理学は「対話」の心理学で
患者と治療者が、しっかりと向き合って
対等に対話することを重視した。

 

集合的無意識は、世界全体に共通する無意識の深層

 

・自分との対話の中で、個人神話を発見する。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!




-自己啓発