スピリチュアル スピリチュアル本

カタカムナとホツマツタヱの教科書には絶対に書けない驚きの歴史とは!?

 

カタカムナやホツマツタヱのことを詳しく知りたくて

「ホツマ、カタカムナ・先代旧事本紀」という本を購入して、学びました。

この本から学んだことを紹介します。

 

気づき①カタカムナの歴史が詳しく書かれている

以下カタカムナの歴史のまとめです。

1941年 満州の南山中、道教院蘆有三(ロウサン)が楢崎皐月に

鉄製の薬缶で沸かし、お茶をすすめる。

楢崎はその薬缶に興味を持ち、三度目の訪問で蘆有三に聞くと

薬缶の鉄は、アシア族の特別な精錬法で作られたものだと言われた。

アシア族は、旧石器時代から数世紀前にかけて、日本にいた民族

アシア族はカタカムナの八鏡文字を持ち、現代をはるかに超える知識を持っていたという。

1950年 六甲の狐塚という小高い丘で、平十字に出会い

八巻の文書を手渡され、それを写して、カタカムナの解読を始める。

しかし、この平十字という人物は連想という説もある。実在する人物が発見されていない。

十字は八鏡文字から連想か。

あるいは、平十字は狐の霊体ではないかという説もある。

楢崎は狐塚のふもとで何回も狐霊に供物をささげたことが書物に残っている。

1966相似象を定期購読で出版

という内容でかかれています。

以前に、はじめてのカタカムナという本で

ある程度、カタカムナの歴史はわかったのですが

こちらの本では年号や様々な資料を参考に作者の解釈を

取り入れて詳しく書かれています。

ネットでこのことを調べてみると、偽書と言われていたり

はたまた、カタカムナに関するオンラインサロンがあったりと

意見は捉え方はさまざまです。

ただ、カタカムナの文字は何かエネルギーを感じる気がします。

ネットの情報では。カタカムナが保久良神社で発見されたといわれています。

くわしくはこちら

 

気づき②ホツマツタヱの歴史を知れる

以下、ホツマツタの歴史をまとめました。

ホツマツタヱは、ヲシテ文字で書かれれた5、7調の文書。

大きく分けて3種類の文書があり、「ホツマツタヱ」「ミカサフミ」「フトマニ」がある。

1966年松本善之助が神田古書店で「ホツマツタヱ」を発見。

19世紀に書かれた文書の断片であった。

のちに、1992年に日吉神社でホツマツタヱが再発見される。

日本史上初の五、七調の文書であるとの見方もある。

アワの歌は、イザナギとイザナミの二人が掛け合いながら歌った教えの歌。

アマテル(天照大御神)は男性として書かれている。

「ミカサフミ」は左大臣オオカシマが書いた文書

「フトマニ」は和歌が128首書かれている。

あるルールで占う占術の写本。

これらの文書には、ヲシテ文字が登場する。

ヲシテ文字は、空、風、火、水。土の元素からなる。

日本各地の神社から発見されている。

白山姫(イサナミの姉)について書かれている。

白山姫を祀る神社との関連性があると言われている。

ホツマツタヱではアマテルは祖父のトヨケの

いるヒタカミ(東北)で修業をしていたと書かれている

その後、トヨケからアマテルに奥儀伝授をされる。

スサノオは熊野にいたと書かれている。

ホツマツタヱでは、三種の神器の1つが勾玉ではなく、秘伝書である。

という内容が書かれていました。

ホツマツタヱも偽書という扱いですが、

調べると、古事記や日本書紀とは異なる点があったり

ヲシテ文字で書かれている点、5、7調など、興味深い古書です。

様々な人たちの調査があって、ホツマツタヱの謎がわかってきたようですね。

また、ネットで調べるとヲシテ文字にもエネルギーの力があるようで

ヲシテ文字で「あうわ」と書くと体が和らぐという情報をみつけました。

これもためしにやってみると確かに体がほぐれる感覚があります。

 

くわしくはこちら

古史古伝には、さまざまな解釈、説があるので

今後も暇があれば、別の本を読んで、学びを深めていきたいですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

 

 

カタカムナに興味のあるあなたにおすすめの本は「はじめてのカタカムナ」です。

カタカムナの内容が初心者でもわかるように書かれえています。

自分の名前をカタカムナで書く方法も書かれています。

にほんごってすごい! はじめてのカタカムナを読んだ3つの気付き

 

神社好きのあなたにおすすめ記事はこちら

神社好きのあなたにおすすめの関西の神社5選

 

 

 

 




-スピリチュアル, スピリチュアル本