スピリチュアル スピリチュアル本

にほんごってすごい! はじめてのカタカムナを読んだ3つの気付き

 

カタカムナという文字を

ご存知でしょうか?

 

日本に古くからあった

とされる文字で

あまり知られていない文字ですが

最近ブームになりつつあります。

 

私はカタカムナについては

アマテルTVとい

うユーチューバーの動画

で知りました。

 

神社チャンネルの羽賀さんも

取り上げていますね。

 

今回は

カタカムナについて

基本を知りたいと思い

はじめてのカタカムナを

読んでみました。

 

目次

01 はじめまして

02 銀河のような渦を

描く不思議な文字

 

03 わたしとカタカムナ

04 「あ」「い」「う」「え」「お」

母音的な言葉のチカラ

 

05 基本のサヌキアワ

06 音の響き

07 カタカムナの背景にあるもの

08 基本のウタをもう少し

09 サヌキアワの活かし方

10 サヌキアワ四相のサトリ

11 書いてみよう!

 

内容

カタカムナの基本的な

知識やルーツについて

基本的なことが

書かれています。

 

作者のこれまでの

人生も交えながら

カタカムナについて

書かれています。

 

全体的に

アワとサヌキの話が多いです。

 

主婦目線でカタカムナ

について書かれております。

 

内容はコマ切れで

カタカムナに関して

さまざまな内容が

書かれています。

 

主婦の方で

カタカムナに

興味のある方には

おすすめです。

 

気づき①カタカムナのルーツ

カタカムナは

戦後に物流学者の

楢崎皐月さんが

解読された文字

 

六甲山で

土地の電位研究を

されていたときに

平十字

という方に出会い

カタカムナの巻物を

もらったことがきっかけ

 

ネットでもこのような

情報がありました。

 

本でも

同じような内容が

書かれています。

 

個人的には

楢崎さんと平十字という方

についてくわしく

知りたいですね。

 

他のネット情報では

カタカムナ文字は

神社に保管されているような

 

情報もありました。

他の本も読んで

調べてみたいですね。

 

日本語の響き

擬音語、擬態語は

日本独特の言い回し。

 

「サッ!」は早く

「しとしと」は雨の音

をあらわす。

 

普段

何気なく使っていますが

この擬音語、擬態語の

概念は日本独特らしく

外国人に伝えるのは

難しいと書かれています。

 

それだけ

日本語の表現が

豊かである証拠なのかな

と思いましたね。

 

この擬態語も

カタカムナから

派生して

できたのかもしれません。

 

サヌキとアワ

 

全体的にサヌキとアワの話が多いです。

サヌキは男性性

讃岐うどんもサヌキからきている?

 

差(サ)を抜き(ヌキ)たい

という意味があり

 

自分の道を突き進み

勝ちたいという自己主張が

強いイメージ

 

 

アワは女性性

阿波踊りもアワから来ている?

 

相手に順応しようとする

柔らかいイメージ

包容力がある感じです。

 

木で例えると根っこのイメージで

生命力が強いイメージらしいです。

 

これからは

アワの時代へシフトしていく

と筆者は書かれています。

 

個人的には

男性と女性をそこまで

意識することも

ないのではないかと

 

思いますが

カタカムナには

女性や男性を意味する

要素もあるようです。

 

タロットにもナイトと

女帝がある感じですかね?

 

筆者は母親や主婦の目線で

カタカムナのアワと

サヌキについて

書かれています。

 

カタカムナで自分の名前が書ける!

後半には

カタカムナを書く章があって

自分の名前を

カタカムナで書けます。

 

面白いのは

カタカムナは

すべての文字を

組みあわせるので

 

最終的に

一文字?一つの丸に

収まります。

 

自分の家族の名前など

でもやってみると

意外な共通点もでてきて

面白いです。

 

私も書いてみると

家族で同じになったりして

 

普段の名前では

共通点がないのに

カタカムナになると

同じになったりして

面白いです。

 

まとめ

カタカムナのルーツが知れて

自分の名前をカタカムナで書ける

 

日本の擬態語、擬音語は独特

 

アワとサヌキは女性性

男性性を意味する。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

カタカムナとホツマツタヱの教科書には絶対に書けない驚きの歴史とは!?




-スピリチュアル, スピリチュアル本