スピリチュアル 自己啓発

映画「マトリックス」を観て改めて気づいたこと

映画マトリックスを

UNEXTで見て感じたことを

まとめてみました。

 

マトリックスは以前に見たことは

あったのですが

興味がまたでてきたので再度

改めて見てみました。

 

来年か今年末に公開の

マトリックスが楽しみです!!

 



心と体はつながっている

仮想現実の世界と現実の体が繋がれている

世界を映画では表現していました。

 

この世の中でもそうで

体で感じることと

心で感じることは密接に

関わっていると思います。

 

心で感じていることが

無意識に体に出てくると思います。

 

言葉はただの言葉。大切なのは言葉が表す関係性

このフレーズが第三回のマトリックスで

出てきます。

言葉はただの言葉

そこに何を意味づけるのか

何をイメージ投影するのかが

大切という風に感じますね。

 

この世は空

食べ物の味覚も視覚も

仮想現実の世界では実は存在しないと

言われています。

スプーンは存在しないという話からも。

 

この考え方はこの世中にも通じる話だと

思います。

 

仏教でいう空という考え方です。

何も存在していない。

物事は移り変わり

生まれてはなくなるを繰り返して

突き詰めれば何もなかったという

考え方です。

 

空の世界を表現していのだと

思いますね。

 

この世は波、波動で出来ている世界

主人公ネオがマトリックスの世界に行く

ときに転送波に接続されるシーンが

あります。

 

あのシーンを見て思ったのは

この世は波動でできていることを

表していると感じました。

 

仮想現実は波によってできており

電話の電波と繋がることで

現実世界に戻れるような

世界が作られているという

感じでした。

 

この世の中も

波動でできていて

過去未来現在が

混在する世界とも言えると

思います。

 

人生は自分できめるもの

主人公と預言者との話や

モーフィアスとの話の中で

でてくるフレーズ。

 

運命は信じない。

人生は自分で決めるもの。

 

主人公が自らの決断で

未来を切り開いていく。

 

しかし預言者の言葉通りに

なっているところもあり

 

予言者の言葉を参考にしていたりもする。

参考にするのも自分次第ということなのか?

 

救世主は自分自身

主人公ネオが救世主と

モーフィアスに言われ

それを自分自身でも信じ始めて

奇跡が起きるような

シーンが出てきます。

 

個人的には

救世主はそれぞれ自分自身で

あると思います。

 

みんなそれぞれが

ネオのように救世主であり

主人公であると

思います。

 

自分自身が主人公となり

人生を決めていくのだと

思いますね。

 

後は、感染症の話もちらりと出てきて

まるで今の世の中を予言しているかのようにも感じましたね。

 

あとは予言者が

エージェントスミスはネオ自身だとも

言っているところも興味深いです。

 

自分が立ち向かう相手は

自分自身の投影であり

自分自身であるという意味なのかと

感じました。

 

マトリックスは奥が深く

言葉ひとつひとつにメッセージ性を

感じますね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

 




-スピリチュアル, 自己啓発