スピリチュアル タッピング 転職話 適応障害

適応障害で休職し退社した会社で嫌な上司に父親を投影していた話

これまで適応障害で3回休職して

去年から自分にしっかりと本気で

見つめなおして

内観して気づいた点が多々あります。

 

もしかしたら

今、適応障害で苦しんでいる方

モヤモヤ、怒り、うらみが取れず

悩んでいる方の

参考になるかもしれないと思い

書いてみることにしました。

 

今回は、ざっくり言えば投影の話です。

 

まず、転職した会社の話から。

1回目の休職は全くの想定外。

なんとか1度目の転職をして

とあるメーカーで理系職として

心機一転頑張ろうとしていました。

 

しかし、配属された職場では

以前の職場よりもかなり静かで

声がかけづらいように感じで思うようには

行きませんでした。

 

大きくつまずいたのが、上司との関係性です。

 

上司は不愛想でまわりから

煙たがられていた印象でした。

挨拶をしても返ってこないこともありました。

思えば採用面接では一個も質問が無かった笑。

 

その上司からはあまり声掛けも

なく、ほとんど国内出張をしていました。

 

上司からの指示がほとんどなし。

みかねた上司の下の先輩社員から

仕事を与えてもらい仕事を徐々にして

いきました。

 

次に同じ部署の派遣社員との関係も苦痛だった。

 

派遣社員さんの

仕事をもらって

派遣社員さんに教えてもらいながら

仕事もしました。

 

この派遣社員さんとも

自分は相性が悪く

嫌な感じでした。

時折聴こえる甲高い笑い声が

嫌でたまらなかった。

 

上司から仕事を与えられることも

増えてきましたが

印象は最悪で仕事を振るだけ振って

冷淡な感じでした。

 

嫌な仕事は下の先輩に

回すクセがあったようです。

 

思い悩んで

カウンセリングも行きました。

その時は休職になるとは

夢にも思っていませんでした。

 

そして

3カ月経ったくらいかな。

 

派遣社員さんや上司との関係が悪く

また部長の誤解で

強く注意されたことなどで

うらみ、許せない怒り、イライラなどの

ネガティブな感情がたくさんたまり

 

職場が静かすぎる環境で

相性の悪い上司や派遣社員などに

質問しづらく、意見を言ったり

主張ができず

 

ある日派遣社員に

あの仕事どうなった?もう知らんで

みたいな感じで、完全に見放された感じに

深くショックを受け

 

さらに追い打ちをかけるように

家族やプライベート面でも

嫌なことが重なったこともあり

 

仕事中に保健所に駆け込み

母親に電話して「もうだめかもしれない」

と言ったのを思い出しました。

 

次の日に

適応障害と診断。

 

この時はショックでしたね。

しかも医者との話もかみ合わず

医者が少し怒る感じの口調で

「もう会社には行けない!」

と言い捨てられたのも嫌な感じでしたね。

 

全てが悪いように

流れたように感じます。

でもそれでこうやって

内観できたから今では良い経験が

できたと解釈しています。

 

適応障害で休職中のあなたにおすすめする13の行動とは?(体験談あり)

 

上司に対する感情から見えてくるネガティブなセルフイメージ

休職後は会社に戻ることなく

退職。

 

休職中や退職してからも

この上司や派遣社員、部長などのことを

思い出し、嫌な気分になっていました。

 

まずこの自分にとって嫌な上司

に対して自分はどういう

ネガティブな感情を抱いていたかというと

 

自分を指導したり声掛けもせず

挨拶もしない

周囲の評判も最悪で

自分の都合の良いことだけをしいる

最悪の上司だと思い込み

 

深いうらみや怒りの感情に

どっぷりとつかっていました。

 

その後、去年から深く内観すると

この感情を深く内観すると

 

自分のセルフイメージが

自分は相手にされない存在

自分はぞんざいに扱われる存在といったような

ネガティブな感情を

持っており

その感情が刺激されたときに

反応して怒りやうらみになる

わかったんです。

 

もし、自分の中の

自分には魅力がある

自分は頼りにされる存在みたいな

セルフイメージが良ければ

 

放置の上司やあいさつしない上司で

あっても

そういう人なんだ。

自己中な上司なんだ。

あいさつしないけど何か機嫌悪いのかなと

いう感じで、深いうらみ、怒りにはならない

と思います。引きづらないと思います。

 

この自分のセルフイメージが

ネガティブであると気づくと少し癒されます。

 

あー自分はこんなにも嫌なイメージを

自分で持っていたのかと。驚きさえあります。

まったくそんなこと思いもしなかったですから。内観するまでは。

 

セルフイメージの見つけるのに

役に立った本はこちら↓

MOMOYOさんの本当のスピリチュアルへの階段から学んだ3つの気付きと感じた癒し

 

上司に父親の陰が見えてくる!

さらにさらにさらに

この自分は相手にされない存在という

セルフイメージを

深く深く見つめると

 

父親との関係性が見えてきました。

 

私の場合、父親から愛情を感じたことが

ほとんどありません。

 

冷酷で自己中心的な

古い亭主関白な父親という

印象しかなかったです。

 

色々と母親から聞くと

まだ2、3歳の頃に

母親が家を出ている間

 

父親は新聞を読んで

全く自分に構ってくれなかったらしいです。

それで私は壁に向かって

自分のおでこをぶつけていたらしい。

 

帰ってきた母親は

見てびっくり!

父親に激怒したらしい。。

 

そんなこともあったり

何の相談もなく進学塾に入らされたことや

家庭生活での心が行き交わない感覚に

怒りと落胆を感じる日々でした。

そう解釈していました。

 

こうして

父親との関係性から

自分は相手にされない存在という

セルフイメージができたんです。

 

つまり

父親と似たような

自分よりも年の離れた権威のある上司に

父親を投影していたのです!

 

ここまで内観できた時に

すごく腑に落ちる感覚がありました。

そうかだからこんなにネガティブな感情が

いつもまでも残るのかと!だから辛いのかと。

 

この気づきで癒しが起こり

ネガティブな感情から少し解放されます。

 

マトリックスリインプリンティングで職場で苦しんだ自分を癒す

ここから

タッピングをします。

 

過去の自分にタッピングをするので

マトリックスリインプリンティングが私の場合、かなり効果的でした。

といっても私は正式に講座をうけておらず、動画で溝口あゆかさんの

解説を見て見よう見まねでしてるだけで自己流部分もあると思います。

 

今では、マトリックスリインプリンティングは自分にとっては

なくてはならないセラピーです。

 

くわしくはこちら↓

過去の自分にアクセスして、過去を書き換えるある1つの方法

 

 

まず、職場で苦しかった自分に

タイムスリップしてタッピングをしてあげます。

あくまでイメージです。

日々の嫌なイメージも脳内のイメージですね。

 

そして職場で苦しかった自分が

徐々に癒えてくる、なんとも思わなくなってくる

感覚が出てきます。これで感情は解放されます。

 

そして、さらに

この職場にいた自分のセルフイメージを

ポジティブなイメージで書き換えます。

安心で安全な状態にしてあげるイメージです。

 

例えば私の場合なら

そのままで大丈夫!

自分は十分魅力がる!

自分には十分無限の可能性がある!だから大丈夫!

などです。

 

イメージ上で安心な空間に

移動してあげるのもありです。

ぶっとんだ発想もありです。

全てイメージなので。

 

光の空間、落ち着けるソファー。

天使、千手観音が見守る場所などなど

なんでもOK。

過去の自分が安心、安全で

ポジティブなイメージになればOKです。

 

これで、私の場合

職場にいた自分は癒され

上司に対するネガティブな感情は

解消されました。

 

要は自分の解釈で

苦しんでいたんだと。

自分の解釈で生み出したエゴの感情に

翻弄されていたんだ

今では深く理解できました。

 

マトリックスリインプリンティングで幼少期の自分を癒す

次は父親の関係性で傷ついた幼少期の自分です。

 

こちらも

マトリックスリインプリンティングで

幼少期の自分に

イメージでタイムスリップして

癒してあげます。

 

タッピングをしていると

悲しい感情がこみ上げてきて

泣いてしまいます。

 

マトリックスリインプリンティングをすると

たまに起きることですね。

 

徐々に苦しんだ幼少期の自分が

泣き止んで、冷静になるイメージが

出てきます。ネガティブな感情が解放されます。

 

そのあとにポジティブなイメージに

書き換えます。

 

私の場合は

父親はほっておいて

 

幼少期の自分と今の自分と

一緒に家で遊ぶ。

 

1人で色々と歩いて

探検するみたいな発想も思いつきました。

大いに自分で楽しもうよという感じです。

 

これで幼少期のセルフイメージも書き換えられました。

 

私はこんな感じで

嫌な上司や過去のゆるせない感情を

癒し解放することができました。

 

今改めてこうして書いてみて

思うのは

 

会社や職場の人に対して

ネガティブな解釈や投影を

しまくっていたとわかります。

 

そのネガティブな出来事は過ぎ去っている。

けれどもネガティブなイメージは

頭の中で残ってる。

 

もうないのに。そのネガティブイメージは存在しないのに。

 

結局は自分で解釈して勝手にネガティブな感情を作り出している。

それがなんとか消えた。

そもそも何も起きていなかった。空だったのかと

感じています。

 

適応障害で苦しんでいる方に伝えたいこと

適応障害で苦しんでいるのであれば

本気で楽になりたいのであれば

 

・苦しかった過去に向き合い

自分の感情をみてみる。

・そこで自分のセルフイメージを見つける。

・自分のセルフイメージに気付き、タッピングをなどで癒す。

・セルフイメージを書き換える。

という1つの方法があると思います。

 

さらに言えば

ポジティブにとらえる考え方を

意識的に

身に付けていくことをおすすめします。

 

これだけでなく

いろんなアプローチがあると

思います。

 

朝散歩や睡眠、運動だけでは

なんともならないという方は良ければ

ご参考下さい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

スピ系、自己啓発好きのあなたにおすすめ本厳選16冊!まとめ!

 

 

 




-スピリチュアル, タッピング, 転職話, 適応障害