奈良 転職話

奈良コンベンションセンター内部に潜入!意外で巨大なある物とは!?

 

奈良コンベンションセンターが2020年4月にオープンしました。

コンベンションセンターは奈良テレビの奈良フライデーで知りました。

どんな施設なのかくわしく見ていきました。

 

天平広場

 

 

奈良らしいネーミングです。

天井は木がクロスしていて、雨が降っても濡れないようになっています。

 

かなり広々とした空間です。

 

 

 

 

そして、ずーっと中に入ると、左手にファミマや蔦屋書店が見えてきます。

 

 

 

蔦屋書店は大阪のルクアや枚方、難波などにありましたが

 

 

奈良では初めて見ました。

 

 

ただ内部は撮影禁止だったので外から撮りました。

本をメインに、スタバや服、陶器、フレグランス系、雑貨など色んな物を見れます。

 

 

本を購入しなくても、イスに座って自由に読めて

ドリンクが欲しいなら、スタバで頼めますし、ゆっくりくつろげる感じですね。

 

 

コンベンションセンター内部に潜入!

入り口前には、コロナ対策がされています。

 

 

 

 

 

目の前には、受付があります。

 

 

 

背景がキレイです。

 

 

 

そして、入り口横に横に大きな広目天がおられます!

 

 

 

 

でかいです。2,3mくらいはあります。

 

平城旧跡で行われたイベントで使用されたようです。

 

 

2階へ

 

入れるところ限られて、立ち入り禁止のところもありました。

オシャレな木でできたイスや壁も木造です。

 

吉野の木を使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

おもしろいマークを発見しました。

 

これなんでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

自販機のマークです。

 

 

 

こんなマーク初めて見ました。

 

 

 

そして、会議室があって、いろいろ回っていると

またもや、四天王がおられました。

今度はミニの四天王です。

 

 

 

 

 

 

 

そして、2階は、向かいの蔦屋書店と空中廊下で繋がっています。

 

 

 

 

 

もう一つ空中廊下があって、バスロータリーとつながっています。

 

 

今後、コロナの問題が収束していけば、イベントなどが行われそうですね!

 

奈良県コンベンションセンターのホームページはこちら

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

 




-奈良, 転職話