スピリチュアル 奈良

奈良ホテルの収蔵絵画で感じた波動の高い絵画とは!?

 

あなたは奈良ホテルの収蔵絵画をご存知でしょうか?

 

奈良ホテルには100年以上の歴史があり、

これまでに数多くの絵画が残っていて、

本物の高額の絵画を見ることができます。

 

今回は、そんな絵画を見に行きました。

奈良ホテル方に、奈良ホテルについて

解説して頂きました。

 

作品の撮影はOKということなので、撮影しました。

くわしくみていきましょう。

 

東大寺ミュージアムで四天王などの仏像を観た3つの気付き

 

奈良ホテルについて

外はお寺、中は西洋のデザインがされた建物です。

 

牛乳石鹸と創業が同じで、創業110年になったようです

 

牛乳石鹸のマークに鹿が書かれている、

牛乳石鹸の箱が飾られています。

 

 

 

その他に、神社の鳥居や鏡が置かれていて

鏡は天照大神の鏡を意味し

石炭の囲炉裏が置かれています。

 

昔は、ラジエーターを使っていたのだそうですが

 

音が気になり、クレームになったとのことで

今では、使用されていないようです。

 

 

奈良ホテルの収蔵絵画

 

 

 

上の2枚の作品は、友禅染で書かれた

絵画が特に有名なようです。

 

額縁もかなりの高価なもののようです。

友禅染で書かれているので

修復が難しいと言われていました。

 

その他の作品は以下の感じでした。

 

富士山の作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

二見ヶ浦の夫婦岩を描いた作品もありました。

 

2階へ上がる階段

 

階段を上がるところに壁に絵画が掛けられていました。

自然画で風情のある感じの絵画です。作者は不詳のようです。

 

階段の途中には銅羅という鐘のようなものが置かれていて

昔に、食事ができたときに鳴らしたのだそうです。

 

歴史を感じる作品がホテル中に散りばめられています。

 

2階から見た奈良ホテル

 

2階からは池が見えます。

 

写真には写っていないのですが

奥の方には、奈良公園が見えて

浮見堂がありますね。

 

 

 

奈良ホテルの宿泊部屋

今回は1部屋が空いていたので、見させていただきました。

天井が高く、茶色の木製の窓でした。

 

 

 

部屋によって造りが異なるようです。

お風呂や窓なども、部屋によって違うようです。

 

 

テレビも置かれていて、その上に絵画が置かれています。

 

絵画も部屋によって異なる様です。

どんな絵画が置かれているか気になります。

 

 

 

 

昔は共同のトイレやふろの部分もあったようです。

それらを改造して、個室部屋にされたようです。

 

 

奈良ホテルのロビー

ロビー前には、花嫁の絵画が上に飾られています。

 

ロビーに来て、始めに目が行きました。

 

とても綺麗な絵画で、波動が高く感じました。

見ていると、心が軽くなる感覚があります。

 

その他に、フロントの上には渡月橋の絵画もあります。

どちらもかなりの高額で

家が買えちゃう

くらいの金額だそうです!

もちろん本物ですね。

 

絵画の裏には防犯装置が付いていて

触るとセンサーが反応して

音が出るのだそうです。

 

今回は奈良ホテルの収蔵画や

奈良ホテルの歴史を知る良い機会となりました。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

奈良の秘境、龍鎮神社と渓谷のレビュー

 

 




-スピリチュアル, 奈良