自己啓発

日本が欧米よりもコロナ感染が少ない4つの意外な理由とは?

 

日本のコロナウィルス感染者が海外よりも少ないことは、あなたは知っていますか?

アメリカの感染者は113万人、死者数は6万人以上

イタリアでは、感染者20万人。死者数は2万人以上

日本は感染者数は1万4千人、死亡者数4百人超えています。

なぜ、日本は感染者が欧米諸国に比べて、早く出てきたのにもかかわらず

感染者が少ないのかについて、調べてみました。

くわしく見ていきます。

 

日本がコロナに強い理由①トイレの衛生面

 

日本は海外よりもトイレの紙を流す習慣や衛生面がしっかりしている点が挙げられます。

 

中国やアメリカなどでは、トイレでは衛生面がよくないところや紙を流せないところもありようです。

 

この違いが感染者数に影響がでているのかもしれないという推測があります。

 

日本がコロナに強い理由②手洗いの習慣がある

日本は手洗い、うがいの習慣が昔から言われていることが挙げられます。

 

インフルエンザの予防でよくいわれることですが

 

コロナウィルスの感染予防にも大切な予防習慣ですね。

 

日本がコロナに強い理由③お風呂に入る習慣がある

 

日本では湯船につかることが昔から習慣としてありますよね。

 

海外ではシャワーが主流で、中にはお風呂に毎日入らない方もおられます。

 

お風呂に入ることで、感染予防になっているのかもしれませんね。

 

日本がコロナに強い理由④食生活

 

緑茶を飲む習慣も影響があるようです。

 

緑茶はエイズの予防にもつながるみたいで、このコロナにも緑茶が効くといわれているようです。

 

その他に、海藻類を食べる習慣も感染予防に良いとされています。

 

わかめやのりなど海藻に含まれる成分のフコイダンという物質を日本人が吸収しているようです。

 

海藻類を消化できるのは日本人だけという論文結果がでているのだそうです!

 

まとめ

日本人がコロナに強いと考えられる理由

 

・トイレの衛生面がしっかりしている、紙を流せる設備が整っている。

・手洗いうがいの習慣がある

・湯船につかったり、お風呂に入る習慣がある。

・コロナの予防に良いとされる、緑茶や海藻類を取り入れている。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!




-自己啓発