スピリチュアル

占いて統計学なの?タロットもそうなの?にお答えします!

今回はタロットについて書きます。

 

友達にタロットて統計学なのと聞かれたことがあったり

 

占いって所詮統計学でしょ?だから当てにならないとか言われることがあったので

 

タロットが統計学なのかについて書いてみようと思います。

 

占いのなかでも、命術は統計学

 

命術というのは、四柱推命、九星占術、星座占いなどは

 

生年月日、生まれ時刻から判断する占いです。

 

この命術が、統計学にあたります。

 

どうやらこの統計学は、毎年本が出されており、それを見て

 

その年やその月、未来の運気を見ることができるようです。

 

この命術も当たる感じがありしますが、トラウマがあると命術通りにはいかないと思われます。

 

私は今までいろんな占いを受けてきましたが、だいたい命術が多い気がします。

 

年配の方がよくされている気がします。

 

タロットは統計学ではない!?

 

タロットは占術の中では、朴術にあたります。

 

朴術の中には。中国の占い師が沢山の棒をシャッフルして引く光景、映画で見たことある気がするのですが、

 

あれも朴術に入ります。よって、タロットは統計学ではありません。

 

タロットはその時の状況が出ます。

 

タロットは相談相手のハイヤーセルフのメッセージをタロットとして出しているのです。

 

ハイヤーセルフというのは、人それぞれについている高次の存在、神様のようなイメージです。

 

なので、私たち、占い師はハイヤーセルフと相談者様の仲介役なのです。

 

カードの意味やインスピレーション、直感の作用はありますが、統計学ではないのです。

 

後、相談相手の内面が変われば、不思議なもので出てくるカードも変わってきます。

 

自分自身、自分を占ってみてそう感じています。

 

これは、内面が変わることでハイヤーセルフからのメッセージも変わってきたということです。

 

よく自己啓発で言われる。思考が変われば現実も変わるということが起きているということだと思います。

 

ココナラで鑑定を受け付けております。

転職の相談や家族のことや恋愛に関するリーディングを受け付けております。

くわしくはこちらから

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!




-スピリチュアル