スピリチュアル 自己啓発 転職話 適応障害

適応障害で休職中に自分を攻めてしまうあなたを癒すたった1つの考え方

 

仕事をしてきたけど、思いがけず休職になって

しまったときは、ショックですよね。

 

休職すると、自分のこれまでしてきたこと

がいけなかったのか

なんで、自分がどうこんなことになってしまうのかて

自分を責められる方もおられると思います。

 

そんなあなたに、ひとつの考え方をおすすめします。

この考え方で、あなたの気持ちがおちつき

和らぐかもしれません。

 

穏やかな日々を過ごすための考え方をお伝えします。

 

たったひとつの考え方①セルフコンパッション

 

セルフコンパッションとは

自分自身を思いやるという心理療法です。

 

有名なメンタリストDaigoさん

セルフコンパッションをすすめられていて

多くの本が出版されています。

 

自分の今の気持ちを受け入れる考え方です。

自分を抱きしめるようなイメージです。

 

例えば、休職になってしまったのは

自分の考え方、働き方が良くなかったと思う場合

→振り返ると、自分は仕事を何とか覚えようと

取り組んでいたし、

会社に溶け込もうと努力してきた。

 

休職になったのは、自分以外に

会社の環境や規則、職場の環境などさまざまな要因が重なって

こうなったのだから、自分だけの問題ではない。

 

今は休むことに専念しよう。

 

という風な感じで、自分が友達を励ますような感じで自分を思いやる感じで

考えると良いと思います。

 

休職中で、自分を否定してしまう

責めてしまって辛いという方はセルフコンパッション

という考え方を取り入れてみることをおすすめします。

 

良ければ、参考にして下さい

最後まで読んで頂きありがとうございました!




-スピリチュアル, 自己啓発, 転職話, 適応障害