自己啓発

自粛中でも在宅副業リスクなしで稼ぎたいあなたにおすすめの本とは?

 

電子書籍をご存知でしょうか?

アマゾンのキンドルが有名ですよね。

この電子書籍を自分で販売できるビジネスが注目されています。

その本が「50代でも在宅副業で毎月5万稼ぐ方法」です。

西野えいすけさんがアマゾンのキンドルで発売されている本です。

50代でなくても、在宅で稼ぎたい方に必見の内容です!

 

本の目次

・経験をお金に変える方法

・お金と自由をもたらす副業術

・好きなことを書いて稼ぐ6つの秘密

・毎月10万、20万とお金を増やす方法

・コロナ不況でも副業で豊かになる方法

など、全11章からなります。

無料ボーナス特典付きです。

 

本の内容

電子書籍の出版の方法

電子書籍のメリット、デメリットについて書かれています。

電子書籍とブログなどの他のビジネスと比較しながら、電子書籍の良さを

書かれています。

後半では、電子書籍で稼がれた方々の体験談が書かれています。

 

気づき①アメリカでは一般人が電子書籍で稼いでいる時代

 

北欧では、一般人が毎月100万円を稼いでいる方もおられるようです。

海外では浸透しているビジネスとは知りませんでした。

確かに、電子書籍のビジネスがあるのは2年ほど前に知ってはいたのですが

そこまで、伸びているとは。。

これから、日本でも伸びそうな分野ですね。

 

気づき②2種類の報酬システムがある

アマゾンのキンドルに登録する際に、2パターンの報酬システムがあります。

1つ目は売り上げの70%でアマゾンが販売を独占するパターン

2つ目は売り上げの35%で販売は楽天やブログなどで販売も可能なパターン

に分かれます。

この情報は全く知りませんでした。

アマゾンだけで販売すると、アマゾンが自分に変わって宣伝してもらえるので

そこはメリットがありますし、

2つ目の場合だと、個人で売ることができて、販売ルートを複数撮りたい場合は

良いかもしれませんね。

1つ目のパターンでも、ブログからリンクを貼れば、売り上げにはつなげられそうですね。

 

気づき③電子書籍であれば、原稿、表紙、タイトルなどが修正できる

これも全く知りませんでした。

普通の出版であれば、修正は不可能ですが、電子書籍は後から修正ができるので便利ですね。

ただ、すこし気になったのは、修正したら、購入者の方には通知が来るのか

がきになりますね。

 

まとめ

・欧米では一般人が電子書籍で稼いでいる時代であり、検証済みのビジネス

・売り上げ70%アマゾン販売のみと売り上げ35%他のルートで販売可能な2種類の報酬システムがある。

・電子書籍は、原稿や表紙、タイトルなどを修正できる。

最後まで読んで頂きありがとうございました!




-自己啓発