転職話

転職エージェントのメリット、デメリットをエンジニア転職経験者が暴露!

今回は、転職エージェントのメリット、

デメリットについて書きたいと思います。

転職活動をしようかと迷われている方は、

転職エージェントについて耳にしたことはあると思います。

でも、実際に転職エージェントてどうなの?

新卒の就活では利用したことがないから不安。。

という方もおられると思います。

そんな方向けに、転職エージェントの

良い点、悪い点を転職経験がある

実体験を踏まえて、あなたにお届けします。

 

川杉について

大学院卒業後、機械系エンジニア職、営業技術職を経験する。

会社の営業利益が赤字に転落したことや残業時間が月100時間以上、

徹夜仕事をする職場環境、上司や同僚のパワハラ職場環境を理由に転職活動を行う


転職サイトや転職エージェントを活用して、

転職経験3回、上場企業3社中堅企業1社を経験する

 

転職エージェントは活用するべき

結論から言うと、転職エージェントは活用すべきです。

理由は、転職のプロからのアドバイスを聞くことができるので、

転職活動をスムーズに進めることができます。

わかりやすく言うと、初心者がテニスを練習しようとして、

自分で練習するよりもプロの指導に教えてもらったほうが、

格段に早く上手くなれますよね?試合にも勝てそうですよね。

さらに詳しく深堀りしていきましょう。

 

メリット①転職エージェント担当者との面談を通して、自分の知らない企業を紹介してもらえる。

転職エージェントに登録すると電話がかかってきて、

面談の日にちを決めて面談をすることになります。

面談では、自分の経歴や転職理由、希望する就職先についてヒアリングを受けます。

ヒアリング後に、自分が就職したい職種に合った企業をもらえます。

担当者は転職のプロなので、様々な企業を知っており、

企業にも訪問して、企業の最新の情報をもっている方もいます。

私の場合、面談で提案してもらった企業に就職したこともありました。
自分には知らない企業がまだまだたくさんあります。

 

メリット②転職のプロから面接対策を受けることができる。

面談後に、職務経歴書を修正した後に、面接対策をしているエージェントがあります。

私の場合は、リクルートエージェントでした。

実際の面接官をエージェントの担当者が演じて、

ドアのノックから面接終わりまで練習を行い、アドバイスを頂きました。

面接対策を行うことで、本番の面接で志望理由や

質問についてうまく対処しやすくなります。

 

メリット③自分の代わりに面接や入社の日程を調整してくれる

応募先の企業との面接が決まった時に、面接日を決める必要があります。

就業中に転職活動を行うと、仕事の合間に面接を受けなければならず、なかなか調整しにくいです。

それに、自分から企業側に日程を提案しにくいと思います。

転職エージェントであれば、自分と企業の間に入って日程を調整してくれますので、

交渉はしやすいと思いますし、自分の意見は言いやすいです。

私の場合、面接の日が仕事の日とかぶりどうしてもはずせなかったので、

エージェントの方に日程を調整してもらったことがありました。

また、内定後の入社日も調整することが可能です。

引っ越しなどを理由に面接の時に伝えた入社日より

少しずらしたいときなどに、転職エージェントに

相談するスムーズに変更できました。

 

デメリット①面談時に準備が必要

面談をする際には、職務経歴書を書くことがほとんどです。

なので、書くのに時間をかける必要があります。

ですが、本番の面接時にも書く必要があるので、

早めに書いておくこと後に楽ができますし、

エージェントの担当者から添削を受けれますので

先に書く方がいいと思います。

 

デメリット②転職エージェント担当者との相性によるところがある

転職エージェントの担当者によっては、

こちらが質問をしても返信が遅かったり、

こちらが希望した条件とことなる募集要項を

提案されることもあります。

そのときは、再度自分の希望を伝えると

良いと思いますが、人間同士で合う合わないはあります。

ですので、転職エージェントの担当者の方が

自分にとって合うかどうかを、

始めの打ちに見極めることが大事です。

自分にあった転職エージェントを探すためにも、

色んなエージェントを調べて、登録するのも良いと思います。

 

 




-転職話