樺沢紫苑さん 自己啓発

村上春樹の「一人称単数」を読んでわかった5つの気付きと学び

 

今回は

村上春樹の一人称単数を

読んで学んだことを5つ

書きます。

 

全体的に実話のような

切り口で書かれていて

不思議な世界を書かれていて

読んでいて引き込まれました。

 

気づき①全体的にスピリチュアルな話が多い

やはり村上春樹の作品は

不思議でスピリチュアルさを感じずには

いられません。

 

きっと村上春樹も

スピリチュアルはすきなはず。

 

念力の話やシンクロのような出会い

などから見えない精神世界や

量子力学を感じます。

 

 

気づき②出会いは一瞬で奇跡

男女や猿などの

出会いを題材にした小説が

多いです。

 

イメージで残っている

出会いのシーン

突然の出会いなども

会って

出会いの奇跡、運命的なものを

感じさせます。

 

気づき③サルの名言が心に突き刺さる

品川猿の話では

まさかの猿からの名言が出ます。

 

それは

恋は生きるための燃料になる。

個人的に刺さりました。

 

刹那的なはかない恋であっても

それは生きるための大事な活力

燃料になると書かれています。

 

 

気づき④実話のように感じる小説

全体通して思うのは

これは村上春樹の実話なんじゃないかと

感じます。

 

フィクションの部分も

あると思いますが

ほとんどが事実を題材に

書かれているかのように

感じます。

 

あるいはそう思わせているのかも

しれませんが。

 

 

気づき⑤細かい描写を細かい例え話で書かれている

ところどころに

細かい例えや

カッコので書かれた

言わないまでも

心の中のつぶやき

みたいなのが

リアルさを

引き立たせている

ような気がします。

 

まとめ

①全体的にスピリチュアルな話が多い

②出会いは一瞬で奇跡

③サルの名言が心に突き刺さる

④実話のように感じる小説

⑤細かい描写を細かい例え話で書かれている

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!




-樺沢紫苑さん, 自己啓発