転職話

利用して分かったハローワークと転職エージェントの違いとは!?

 

転職活動する中で、ハローワークや転職エージェントを利用したことがあなたはあるでしょうか?

転職エージェントを使用したけどもハローワークは行ったことない方や

もしくはハローワークは利用したけど、転職エージェントは利用したことがない方がおられるかもしれません。

今回はハローワークと転職エージェントをどちらも利用した私の経験から

メリットとデメリットに分けてそれぞれくわしく見ていきたいと思います。

 

ハローワークのメリットとデメリット

 

ハローワークのメリット

地元の企業について知ることができる。中小企業、零細企業の求人検索ができる。

これが最大のメリットだと思います。

地元の中小企業で、働きたい方にとってはかなりのメリットだと思います。

大手の転職サイトでは掲載がないような中小企業やベンチャー企業の求人が見つけられる可能性が高いです!

 

余談ですが、ハローワークでも2020年からネットから求人検索ができるようになりました。

以前はハローワークに行かないと調べられませんでしたが

ネットから調べられるので、かなり便利になりましたね。

ハローワークのデメリット

・大手企業の求人情報はあまりないです。

大手転職エージェントに大企業の採用が集まっているとような気がします。

 

・企業との仲介はほぼなし。

ハローワークが行うのは紹介だけと思っておいた方が良いです。

転職エージェントの担当者がついた場合は、企業の間に入って、

面接日程や入社日を決めることが多いですが、ハローワークは応募後は電話で自分でやり取りを行います。

 

・電話直接交渉が主流

ハローワークは紹介だけなので、応募からは応募者と企業側とで直接やり取りします。

このやりとりが、電話のことが多いです。

転職エージェントの場合はメールでやり取りする事もしくは、

転職エージェントサイト内のメッセージでやり取りする事が多いと思います。

 

大手転職エージェントのメリットとデメリット

 

 

大手転職エージェントのメリット

・一般応募されていない大手企業の求人に応募できる。

転職エージェントとの特設サイト内で、一般応募されていない求人を見つけることができます。

実際に私も、一般に応募されていない求人を見つけたこともありました。

こういうレアな求人は、専門職が多いイメージがあります。

 

・転職エージェントが企業との間に入ってくれる。

転職エージェントの場合は、企業との面接や入社日や企業への質問などは

転職エージェントを通して聞いてもらえる事がほとんどでした。

転職エージェントが応募者のかわりに企業に聞いてくれるので、この点は、とてもやりやすい、便利だと思います。

 

大手転職エージェントのデメリット

・担当者と面談を綿密に行う点

転職エージェントは担当者がついてもらえる場合が多いのですが、はじめに担当者と面談を行います。

その中で、自分の退職理由やどんな企業に興味があるのかなどを細かく聞かれます。

個人的には、言いたい範囲で伝える感じで良いと思います。

面談は電話面談と対面面談があるのですが、

しだかりと意思を伝えて転職エージェント経由で内定をもらおうと

考えているのなら、対面の面談をお勧めします。

私の場合はほとんど対面面談でだいたい2時間程度の面談を行いました。

大抵、面談前に履歴書や職務経歴書を作成する必要があります。

なので、時間がかかる点は面倒くさいですが、

面談の中で、求人情報や裏情報を教えてもらえたりするのも良い点ですね。

 

まとめ

・ハローワークのメリットは、地元の中小企業やベンチャー企業の求人が多い。

 

・ハローワークのデメリットは、紹介だけで、面接日や入社日などは自分で直接やり取りしないといけない。

 

・転職エージェントのメリットは、一般求人では掲載されていない求人がある。

 

・転職エージェントのデメリットは、転職の面談が時間がかかり、手間がかかる。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!




-転職話