自己啓発

最強のコピーライティングを読んだ3つの要約と感想

 

今回はコピーライティングの本で有名な最強のコピーライティング

を読んだ感想や良かったポイントを要約と感想に分けて、書いてみました。

この本はコピーライティングやマーケティングで有名な神田昌典さんや横田さんが書かれた本です。

世界的に有名な『ザ・コピーライティング』『伝説のコピーライティング実践バイブル』、

『ザ・マーケティング【基本篇】』、『ザ・マーケティング【実践篇】』

3冊の本を、ぎゅっと1冊にまとめた本でもあります。

 

 

 

目次

 

◆【PART1】戦略を練る
──【超訳】『ザ・マーケティング【基本篇】』&『ザ・マーケティング【実践篇】』

◆【PART2】グッと惹きつける
──【超訳】『ザ・コピーライティング』
→「新情報訴求」最強のキャッチコピー8つの型

→「価格訴求」の最強キャッチ―コピー8つの型

→「情報・エピソード訴求」の最強キャッチコピー2つの型

→「キーワード訴求」の最強キャッチコピー10の型

→「その他訴求」の最強キャッチコピー10の型

◆【PART3】すぐ行動させる
――【超訳】伝説のコピーライティング実践バイブル
1分でわかる『伝説のコピーライティング実践バイブル』攻略のツボ
「6フレーム」とは何か
13 文字の「魔法のフレーズ」

◆【PART4】テスト! テスト! テスト!

◆【PART5】超訳サマライズ:本書を使いこなす

 

読んでよかったポイント①書く前に考える

 

要約

キャッチコピーを考える前には、書くな!まず考えろ!

考えるのは2項目

①ターゲットは誰か?

②提供できる価値は何か?

これを考えたあとに、提供価値の絞り込みを行う。

 

 

感想

ブログやユーチューブをする際に、とても参考になると実感しました。

考えることは大事と他の本でも言われていますが

いざ、ブログを書くとなると、書くことに意識が集中してしまいがちになり

考えることを忘れてしまいがちになります。

この本で、考える大切さをあらためて、感じました。

また、ソニー損保、スマホなどの日本のキャッチコピーを具体例として

書かれていて、理解しやすかったです。

 

読んでよかったポイント②キャッチコピー「最強35型」

要約

・コピーライティングで最も重要なことは見出し。

・効果的な見出しは4パターンある。

①相手の得になること、ベネフィット

②新情報

③好奇心

④手っ取り早く簡単な方法

・これらの4パターンをもとに検証されたのが最強の35型

・最強の35型はマネすれば、良いキャッチコピーができる。

 

感想

他の本などでも書かれていましたが

やはり、相手のベネフィットを考えるのは大事と再確認しました。

最強の35型の紹介では、日本のキャッチコピーを豊富に

紹介しながら、それぞれの型について紹介されています。

楽天やソフトバンク、キューピー、伊藤園などのキャッチコピー

あって、どのような策略があるかについて知れて

なるほどと納得できて、いろんなキャッチコピーがあって面白いです。

 

要約③ボディコピーは6フレームで書く

 

・見出しの後のボディコピーでは、相手に購入させることが重要

・購入させるためには、6つのフレームが効果的

①書き出し→相手の関心事との接点を見つけ、好奇心をそそらせる。

②描写や説明→提案する商品を分かりやすい言葉で、イキイキと描写する。

③動機や理由付け→相手にとってどう役立つか、快適さ、利益を書く

④相手の信頼を得るために、保証や証拠を書く

⑤決め手のひと言や不利益→いますぐ、行動しなければチャンスを失う不安な気持ちにさせる

⑥結び→すべきことを伝えて、今すぐ行動させる

 

感想

相手の立場になって、書くことが前提になると改めて実感します。

書いていると、相手の立場が抜けてしまいがちになります。

そこは、練習して、相手の立場で考えることが大切なのかなと思います。

書くというよりは、相手に刺さる文章にするためには

相手にイメージしてもらうことが大切と感じました。

 

 

まとめ

・キャッチコピーは、書く前にまず考える!

 

・検証済みの最強の35型のフレーズをマネすると良いキャッチコピーが書ける。

 

・ボディコピーは相手に行動してみ羅うために

6つのフレームをもとに、相手の立場になって書くことが重要。

 

この本で、コピーライティングについて学ぶことができました。

自分のものにするためには、絶えず練習する、テストをすることが大切と書かれています。

読んでから、行動して検証しようと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

 




-自己啓発