スピリチュアル

スピリチュアル的な5つの塩の使い方

 

塩には浄化作用があることをご存知でしょうか?

塩には不思議な力があるとされています。

神社でお塩を売られていたり、お店の玄関前にも

塩が置かれていることを見られた方も多いと思います。

今回は、スピリチュアル的に使う7つの塩の使い方を

まとめてみました。

 

盛り塩について

 

白いお皿に塩を盛ります。お皿は神具店に売られているものがベストです。

塩を盛るときは、ピラミッド型に塩を盛ると良いとされています。

塩は荒塩であれば良いと思いますが

ご自身の感覚で選べれるのが良いと思います。

もっと、質の高いお塩が良いという方は、ご自身で調べてみるのも良いと思います。

私のおすすめは神社のお塩です。

 

 

玄関

 

玄関の前に、盛り塩を置きます。

玄関の両端に盛り塩を置くか、片方に置きます。

そうすることで、玄関で邪気を払うような効果があります。

玄関は人が出入りするところなので、盛り塩を置くことで

悪いエネルギーが寄ってこないような作用があります。

 

自分の部屋

 

 

ご自身のお部屋の4隅に、盛り塩を置くと部屋の浄化になります。

実際に置いてみると、部屋が浄化されるような感覚がありました。

4隅に置く際に、塩をなめるのも良いとされています。

それ以外には、塩を部屋にまくのも、浄化の効果があるのでおすすめです。

家全体の4隅に、盛り塩を置くのも、家全体の浄化に繋がります。

 

湯船

 

お風呂に入るときに、塩をいれるのも浄化に繋がります。

だいたい、こぶし1つ分くらいの塩を入れるとよいでしょう。

なので、割と多めになります。

お塩以外であれば、御神酒を入れるのも、浄化につながります。

年末にするのもおすすめです。

お水自体も浄化の作用がありますので、

お塩や御神酒がなくても、湯船につかるだけでも、浄化効果があります。

 

嫌なことや悩みを紙に1つ書き出します。

その後に、塩をパラパラと紙にまきます。

紙を丸めて、燃やします。

家で燃やせない方は、丸めた紙を袋に入れて捨てます。

私もやってみると、これが意外と効果がありました。

気分がスッキリする効果があります。

 

うがい

外から帰ってきたときに、水でうがいをされることが、多いと思います。

それを、塩を使うと良いとされています。

自分自身が嫌な気持ちやもやもやされているときには

塩をすこしコップに混ぜて、うがうすることを

おすすめします。

ピンときたら、是非お試しください。

 

まとめ

・盛り塩は、神社のお塩を白いお皿に盛るのが理想

 

・自分の部屋、玄関、家に置くと空間浄化の作用がある。

 

・湯船にこぶしくらいのお塩を入れると浄化に繋がる

 

・悩み事を書いた紙に塩をまくことやうがいにも、浄化につながる。

最後まで読んで頂きありがとうございました!




-スピリチュアル