自己啓発

「なんで私が適応障害!?」読んで痛感した大切な3つのこと

 

今回は、適応障害について書かれたマンガについて感想を書きました。

この本は、適応障害になって休職経験のある乃樹さんが、ご自身の体験をマンガにされた本です。

私も同じ経験があるので、興味をもち購入しました。

実際読んでみると、とても読みやすいです。

適応障害になった方や、適応障害とはどんな病気なのかについて

わかりやすく知りたい方にはおすすめです。

 

目次

詳しくは画像をクリック↑

 

第1章 がむしゃらにまっすぐに

第2章 「なりたい私」になるために

第3章 変わる環境と変えられない私

第4章 もうがんばれない、がんばらない

第5章 理解されない苦しみ

第6章 自分の未来は自分で決める

第7章 新たな一歩と私の未来

第8章 生きてりゃなんとかなる

 

内容

とても読みやすいです。

マンガということもあって、吹き出しの文字も多くなく

一日で、さらっと読めてしまいます。

補足のコーナーもあり、専門家が適応障害についての

書いているページもあって、適応障害について学ぶこともできます。

内容が適応障害というテーマということもあり

作者のリアルな苦悩が描かれているので

すこし、重たい感じの雰囲気、イメージがあります。

 

気づき①良き理解者の大切さ

 

マンガではパートナーが、主人公の乃樹を受け入れて、励まされています。

この漫画のパートナーのような良き理解者の存在が、休職中には必要だなと感じます。

私にとっては、母親が理解者だったと思います。

私の家族は、機能不全ではありますが、

母親に支えがあったので、なんとか乗り越えられたように思います。

もし身近に、理解者がいなければ、自分位合ったカウンセラーを探す

ツイッターやオンラインサロン、ブログなどのネットで

同じような境遇の方や自分に合いそうな方をさがすのも良いかもしれませんね。

 

合わせて読みたい記事はこちら

takuzooさんの3つのオンラインサロンに入って分かったこと

 

気づき②会社員が全てではない

これはよく聞くフレーズですが、この状況になってみないとわからない

気持ちだなと思います。自分としては、どうしても働きたいが体がついていかない。

そんなときは休む!あらためて、実感しました。

まずは、健康が一番超超超大事ですね。

休んで、気分が良くなってから、動き出せばいいと

マンガでは、新入社員の過酷さをリアルに書かれています。

私も、新入社員の時は、2か月間、2人1部屋の合宿から

始まり、プライベートの空間が全くとれず、かなりつらい思いをしました。

今思うと、あのときも自分自身かなりギリギリで、なんとか仕事、研修を受けていたと思います。

日本は8割以上が会社員というのが今の現状で、同調圧力で

会社員でいなければ!と考えてしまいがちですが

視野を広げれば、さまざまな働き方があるので

辛ければ、休むのも良いと思いますし

辞めるのも一つの手ですね。

 

合わせて読みたい記事はこちら

休職中に自分を攻めてしまうあなたを癒すたった1つの考え方

気づき③好きなことから道が開かれていく

 

この本では、最終的に、マンガ家、イラストレーターの道を

志すようになって、出版が決まったという話で終わります。

はじめは、そんなつもりはなかったようです。

会社を辞めてからは、バイトをしながら、好きな絵を書きながら

発信されていたようです。

どこでどうなるかわからないと感じました。

私も興味のあることややってみたいことは、チャレンジや挑戦してみようかなと思います。

個人的には、このブログやタロット、オラクル、音楽、ドラムがそれにあたるかな~。

 

「なんで私が適応障害!?」読んだまとめ

・休職中には、良き理解者の存在は欠かせない。

 

・会社員であることが全てではなく、健康が全て。

 

・どこから道が開けるかわからない。好きなことに挑戦してみる。

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!




-自己啓発