自己啓発 転職話 適応障害

適応障害と予想外に診断されて、自分を責めてしまうときの考え方

 

こんにちは。

今回は適応障害になった方に向けての

記事です。

突如、診断されて

どうして良いかわからない。

 

なんでこんなことになってしまったんだと

自分はなんてだめなんだとネガティブに

なってしまうかもしれません。

 

そんなあなたに向けて

適応障害を3度経験してきた

私から助けとなるような考え方を

お伝えしたいと思います。

 

良ければ参考下さい。

 

今まで頑張ってきた自分をなぐさめる

自分が突如、休職になり

どうして良いかわからなくなり

こんな自分ではダメだと

ネガティブになってしまうかも

しれません。

 

こんなに自分は苦しんでいたんだなと

自分を労わってあげてください。

 

友人をなぐさめるような感覚で

これまで頑張って勤めてきた

頑張って生きてきた

自分を労わってあげてください。

 

今は自分がリラックスできることをする

自分がリラックスできたり

ほっとすることをしてみてください。

 

人によってリラックスできることは

変わってくると思います。

 

なので、自分に合うリラックスできる

ことをやって見てください。

 

ちなみに、私は適応障害と診断されたときは

生活リズムを整えたり

公園や神社に行って自然に触れたりしました。

 

適応障害と診断されて

休職中のおすすめの12行動について

くわしくはこちら↓

適応障害で休職中におススメの12の行動とは?(体験談あり)

 

 

適応障害と診断されて

からはまず

ご自身の健康第一で

生活されて下さい。

人生何とかなります。

 

困ったら友人や家族

カウンセラー、命の相談にtelなど

誰かに頼るのも1つの手です。

 

良ければ、ご参考下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。




-自己啓発, 転職話, 適応障害