転職話

休職期間中にあなたにできる6つのこととは?(体験談あり)

今回は休職になってしまった時に何ができるか知っていますか?

私は、過去に会社のストレスで、適応障害と診断されて、数カ月休職したことがありました。

実際の休職した体験を踏まえて、休職中の過ごし方について書いていこうと思います。

くわしく見ていきましょう。

休職するには診断書が必要

休職するには、精神科医の診断書が必要です。 

医師が休職する必要があると診断された場合は休職することが可能です。

診断書をもらったら、会社宛に送れば、休職することができます。

私の場合は上司に電話して、郵送で会社に送りました。

 

ご自身の健康状態を優先されることをおすすめします。

 

休職中は傷病手当金がもらえる

休職期間中は、傷病手当金がもらえます。

くわしくはホームページで調べるのをおすすめします。

ざっくりいうと、最大で一年半、月収のだいたい6割ほどをもらえます。

 

支給の期間は最大一年半です。ただし会社の規定によっては異なるので、ご注意ください。

ただし、医師に書類を書いてもらう必要があり、自分で記入する書類も

必要となります。私の場合、会社から書類をもらいました。

 

会社が記入する箇所もあり、自分の記入する箇所や医師に書類を記入してもらったら、会社に郵送します。

休職してから気づいたのですが。この制度を知ってほっとしました。

休職期間中にできること① ゆっくり休む

休職して間もない場合。体調があまりよくないときは、無理をせずにゆっくり休むことが大切です。

食事や睡眠をしっかり取ることをおすすめします。生活リズムは極力崩さない方が良いです。

 

特に朝陽を浴びるのが大切です。夜更かしをし過ぎないことが大切です。

 

朝陽を浴びることで、セロトニンが活性化します。

 

そして、睡眠をとることもすごく大切です。

 

睡眠を6時間以上取るとス精神的に安定すると言われています。

元気が出るまで、焦らずにゆっくりと待ちましょう。

 

休職期間中にできること② 実家に帰る

ひとりでいることに不安を感じたり、住んでいる場所が会社に近くて

落ち着かない場合は、実家に帰るのもいいかもしれません。

もし、実家に帰れば、食事は家族の方が作ってくれるかもしれません。

 

親の理解してもらうことも大切だと思います。

職場から離れて、環境をかえることでリフレッシュできるかもしれません。

自分が休まれると思う環境を選択することをおすすめします。

 

休職期間中にできること③ 自己啓発

日々の生活に余裕が持てるようになれば、自己啓発をするのをおすすめします。

具体的には、好きな本を読んだり、興味があったけど今まででできなかった習い事をするなどです。

私の場合は、休職期間の時に、好きな音楽や英語を学んだりしました。

 

興味のある本を喫茶店で読んだりしました。

 

その他に、タロットやレイキを学びに行ったりもしましたね。

 

その際は、会社の方がいないような場所や時間を狙うのがいいかもしれませんね。

まとまった休みを取れないので、休職期間に余裕があれば、自分磨きに使うのもいいかもしれません。

 

休職期間中にできること④ 旅行

日々の生活に余裕が持てるようになれば、旅行にいくのもおすすめです。

前から興味があっていけていない、観光地スポットやお店などにいくのもいいかもしれません。

ひとり旅なら、自分のペースで旅行できますので、ゆっくりと旅行を楽しめると思います。

私は東京や関東地方に観光に行き、今まで知らなかった観光スポットを観て、環境が変わり、良いき気分転換となりました。

旅行が好きな方にはおすすめです。

 

会社を休んでいるので、その時に旅行にいくのはためらう方がおられるのかもしれませんが

 

そんなことは考えなくて良いと思います。

 

休職中は、ご自身が元気になられることをされるのが一番です。

 

なので、ご自身が旅行に行きたいと感じておられるのなら、旅に出られるのも良いと思います。

 

楽天カードをお使いなら、ポイントが貯まる

楽天トラベルがおすすめです♪くわしくはこちら↓

 

 

休職期間中にできること⑤ 転職活動をする

心身ともにだいぶ体調が良くなって、余裕が出てきたら

転職活動をしてみてもいいかもしれません。

復職を考えていない場合は、おすすめです。

私の場合は、リクナビサイトやリクルートエージェントに登録しました。

 

私は、一度目の休職の際は、医師からはもう会社には戻れないと言われました。

 

当時の私も戻ることは全く考えられなかったので、元気になっってきたら、転職活動を始めました。

 

転職する際は、医師と健康状態を確認しながら活動をされると良いと思います。

 

そして転職活動中に休職されていたことを言うか言わないかはご自身の判断で良いと私は考えています。

 

プライベートなことなので、言うか言わないかはご自身が決めることと思います。

 

休職期間中にできること⑥運動する

運動をすることも精神的安定につながると言われています。

 

朝起きてから、近くの公園や神社まで散歩したり

 

軽くジョギングやランニングをするのもおすすめです。

 

すこし走ると気分がスッキリします。

 

睡眠をしっかりとって、運動を適度に無理なくすると、精神的にかなり

 

安定してくると思います。

 

できる余裕があるならおすすめです。

 

休職期間中にできること⑦日記を書く

ご自身の体調管理のためにも、日記を書くことをおすすめします。

 

日記を書くことで、自分の感情の起伏を知ることができます。

 

自分の気持ちや気分を紙に書き出すことで、冷静に客観的に自分を見つめることができます。

 

おすすめは起きたときと寝る前に書くことをおすすめします。

 

朝起きたときの気分はどんな気分か、寝る前に今日一日にどんな楽しいことがあったかについて書くことおすすめします。

 

良ければ、ご参考下さいませ。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

あなたにおすすめの記事はこちら

大手転職マネジメントに休職したことを隠さず告白したら意外な結末に!?




-転職話