転職話

転職してCADソフトが変わる時のポイント!機械系エンジニア必見!

今回は機械系エンジニアの転職に関する記事です。

転職する際に気になるのがCADのことです。

転職先でも機械系エンジニアに転職する場合、CADのソフトのこと

についてどう確認したらよいか詳しく見ていきましょう!

CADのソフトが何になるか

 

前職とCADソフトが同じであれば、問題ないと思いますが、異なる可能性もありえます。

私の場合、auto-CADからCATIAに変わったことがありました。

なので、転職先のCADソフトが何かを確かめる必要があります。

まず、募集要項に書かれてあるかを確認すると良いと思います。

その次に、転職エージェント経由であれば、転職エージェント担当者に聞くのもいいと思います。

次に、面接で聞くのもよいと思います。

職場の話や業務の話になったときに、CADソフトに聞くのがいいと思います。

機械系の専門の方、技術系の方がいれば詳しく聞くことができるでしょう。

 

CADの操作について研修があるか

 

CADのソフトが前職から変わった場合、慣れるまでに時間が多少かかります。

なので、大切なのが新しいCADに慣れるために教えてもらえる環境があるかが大切です。

理想は研修があればいいですね。

CADの使用の仕方がかかれたマニュアル、操作手順があるといいです。

もしくは、わからないとに教えてもらえる方が身近にいると理想です。

CADを教えてもらえる職場環境があるか転職先の面接で聞くのがおすすめです。

技術面談や人事の方にお聞きするのが確実です。

意欲的な姿勢ともみられるでしょう。

聞きそびれたら、転職エージェントに聞くのが良いでしょう。

 

そもそもCADはオペレーターにまかすことが多いのか

この件も転職先の面接で聞くのがおすすめです。

技術面談や人事の方にお聞きするのが確実です。

意欲的な姿勢ともみられるでしょう。

聞きそびれたら、転職エージェントに聞くのが良いでしょう。

 

詳しい内容については転職エージェントに質問する方が聞きやすい。

転職エージェント経由で応募した場合ですが、

面接で聞くのも良いですが、あらかじめ転職エージェントに聞くのが一番ききやすいです。

 

自分の周りの人で、応募した会社に転職した人がいれば聴いてみるのもいいかもしれません。

新卒の就活でいうOB訪問みたいな感じですね。

あとは、転職会議などのネットを使ってしらべるのも一つの手です。

 

いかがでしたでしょうか。

転職活動でCADのソフトは自分の使用しているのと同じかどうかは

気になるところだと思います。

少しでも参考になると幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました!




-転職話