タッピング 樺沢紫苑さん 自己啓発

樺沢さんの「陰口を言われたときの対処法」の動画を見て感じたこと

 

聴きながら学ぶならオーディブルが無料体験ありのオススメ↓

 

樺沢さんの動画は定期的に良く見る。

個人的に学びの多い動画です。

 

その動画がこちら

 

今回は陰口の対処法について

裏シオンちゃん先生が毒舌風に解説。

 

誰も自分も悪口を言っていないと思っていなかったのか!?

ユダヤの教えの1:2:7の法則

 

ストレスフリー超大全に書かれていたことで

改めて聴くと確かにそうだなと納得。

ストレスフリー超大全についての記事はこちら

 

 

悪口を全く言われていないとは考えるのは

たしかにおかしな話だし

自分のことが嫌いな人や合わない人がいるのも

事実の話。

 

そう考えると冷静になれる気はする。

 

しかし、ショックな気持ちが残る人もいるのではないだろうか?

ここについて深く内観をしてみるとおそらく

 

自分が陰口を言われたり

陰口を言われたことを思い出して気が重くなるのは

 

自分の中にネガティブな感情がくっついている可能性がある。

 

陰口を言われる自分を否定的に解釈して

自分は陰口が言われるダメな人間、無能な人間と

解釈している可能性がある。

 

あるいは、陰口の場面から

何か過去に言われた陰口のイメージを

投影している可能性がある。

 

まずその自分に気づくことが大切。

 

そのあとにタッピングとかで癒せばいいかな

個人的に思った。

自分の自己イメージがブレずに良ければ

陰口を言われても全く気にならない可能性があると思う。

 

これはあくまで個人的な推測と

かなり陰口に対してつらい感情がある人の場合の話かなと思う。

タッピングに関する記事はこちら

 

とそんなことを考えました。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

嫌われる勇気ならぬ、睡眠する勇気!

 

スピ系、自己啓発好きのあなたにおすすめ本厳選16冊!まとめ!

 

 

 

 




-タッピング, 樺沢紫苑さん, 自己啓発