スピリチュアル スピリチュアル本

自己実現したいあなたにおすすめの「書けば叶う」てどんな本?羽賀ヒカルさんの生い立ちが明らかに!?

 

羽賀ヒカルさんの書かれた

「書けば叶う」を知っていますか?

 

羽賀ヒカルさんはユーチューブの神社チャンネルで、

神社や神道について配信されている方です。

 

また、一流の塾講師、占い師、

料理人でもある異色の天才、

北極老人さんの弟子でもあります。

 

その羽賀さんが2019年に書けば叶う

という本を出版されました。

 

本屋のスピリチュアルコーナー

にたまたま本を見つけて、興味があり購入しました。

 

書けば叶うのおすすめのポイントや

感想について詳しく見ていきます。

 

 

こんな方におすすめ

・願望実現をどうしても叶えたいという方

 

・羽賀ヒカルさんについて知りたい方

 

・北極老人さんについて知りたい方

 

・神道に興味がある方

 

 

目次

第1章 北極流・究極の願望成就法

 

第2章 入門・書けば叶う「ドラゴンノート」の秘密

 

第3章 初級・ドラゴンノートの書き方9つの極意

 

第4章 中級・願望成就力の高め方

 

第5章 上級・願望成就の先にあるもの

 

詳細はこちら↓

書けば叶うの特徴①本に不思議な結界が張られている

 

はじめのページに書かれている

マークが結界を意味します。

 

神社の結界、バリアのような効果がある様です。

 

そのマークを見ると、

金色や銀色をしていて、神々しさを感じます。

 

エネルギーが封入されていて

、この本を持っているだけで、元気になれるような

 

効果があると書かれています。

 

書けば叶うの特徴②羽賀ヒカルさんと北極老人の出会い、北極老人について

 

本の初めの章で、

羽賀ヒカルさんが占い師を志す

以前の話が書かれています。

 

羽賀さんは元々、医者の家系に生まれて、

生きづらさを感じられており

 

自分らしく生きることが

難しい環境だったようですね。

 

そんなときに、出会ったのが、

北極老人だったと書かれています。

 

北極老人は、塾講師をされていて、

羽賀さんが大学受験の為に母親が塾を申し込んだ

 

ことで知り合うことになったようです。

 

北極老人は、すべての教科を教えて、

当時の全国模試で1位を取ったらしく

 

天才的な人物です!

しかも占い師としても超一流なのです!

 

すごい人物ですね!

そんなお二人の出会いが書かれています。

 

書けば叶うの特徴③本を読みながら、書き込むワークがある

本を読み進めると、自分の願望、

夢について考えるワークがあり

 

自分の夢や願望を本に書き込む欄が

何か所かあります。

 

自分の願望は何なのか、

自分の本来の姿は何なのかを

考えるきっかけになります。

 

願望を考える中でキーとなる考え方が、

幸福な時間感覚という考え方と書かれています。

 

本を通して、自分の願望を見つめなおす

きっかけになります。

 

願望実現についてクライアントの方々の

具体例を交えながら、書かれていますので

 

自分の願望を考えるときの

参考になると思います。

 

読んで良かった点①羽賀ヒカルさんと北極老人について知れるところ

ユーチューブではほとんど語られていない

羽賀ヒカルさんの生い立ちについてや

 

謎の多い天才、

北極老人について書かれていて

興味がある方は必見です!

 

特に北極老人については、

ネット上でほとんど情報がないので

 

この本でどんな方なのかを

知ることができます。

 

羽賀さんや北極老人さんがどんな人生を

歩まれてきたのかを知れる貴重な本ですね。

 

読んで良かった点②幸福の時間感覚

 

この本の軸となる考え方が

「幸福の時間感覚」です。

 

この考えは、

この本独特の言い回しのように感じました。

 

幸福な時間感覚とは

未来に自分の願望や夢を描きつつ、

今に集中、今に生きること

という風に書かれております。

 

過去に執着せずに今に生きると過去が生かされてくると、

過去の出来事の解釈も変わると言われています。

 

今を生きるとはよくスピリチュアルあるで

聞く言葉と思いますが

 

幸福な時間感覚という言い回しは初めて聞きましたね。

 

幸福な時間感覚で生きるとは

自分の願いが叶って当たり前と思い、

叶ったかのように行動、振る舞うと書かれています。

 

 

それでもし、現実が変わり始めたら、

それは宇宙からのサインの可能性があり、

 

そのサインを受け入れることが必要と書かれています。

 

読んで良かった点③願いは書いたら忘れる

願望を書いたら忘れるのが

重要なポイントと書かれています。

 

スピリチュアル系ユーチューバーのQさん

同じように言われているのを思い出しました。

 

 

願望を書いて、忘れることで願いが

叶った例も紹介されています。

 

願いを忘れないのは、執着に繋がると書かれており、

執着すると願いが叶いにくいのだそうです。

 

願いを書いたら、あとは未来を信頼して、

任せる、手放す。みたいな考え方が

 

重要なのだと改めて再確認しました。

 

読んで良かった点④特典で音声セミナーもある

特典として、羽賀ヒカルさんの音声が聞けます。

 

願望実現に必要なことや参拝すると

良い神社などについて

 

語られています。

 

羽賀ヒカルの有料オンラインセミナー受けて感じた3つのこと

 

書けば叶うのまとめ

書けば叶うの特徴

・本に神社のような結界が張られていて、エネルギーが込められている。

・羽賀ヒカルさんや師匠の北極老人さんについて、知ることができる。

・本を読みながら、願望実現のワークができる。

 

読んで良かったポイント

・ネットには出回っていない、羽賀ヒカルさんや北極老人さんのことが知れる。

・願望実現に必要な幸福の時間感覚について知れる。

・願いは書いたら、忘れる、手放す。

・特典で羽賀ヒカルさんの音声セミナーがついてくる。

 

くわしくはこちら↓

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

「神社ノート」を読んで感じた意外な3つの気付き

 




-スピリチュアル, スピリチュアル本